こんにちは。

過食症専門のヨガ瞑想セラピスト

野田智弘です。

 

僕が20年以上悩み、苦しみ

心療内科や心理カウンセリング

 

高額の自己啓発セミナー、

高額のコーチングを受けても

全く良くならなかった「過食症」ですが

 

「ヨガ瞑想」で改善した

ビフォーアフターの

写真をみてください。

 

9

 

 

 

「過食症、過食嘔吐に悩む」あなたが、

 

心療内科や心理セラピー、

 

または心理カウンセリングを受けて

「一時的にしか良くならなかった」

ということにお悩みであれば

 

 

必ずこのお手紙が

あなたのお役に立つはずですので

じっくり読んでいただけますと

嬉しいです。

 

 

  • もう、菓子パンや甘いもの、

    炭水化物を「お腹がはちきれそうな」ぐらい

    いっぱい詰め込むように食べるのを

    やめにしませんか?

  • 心療内科で投薬をして、一時的にしか良くならない

    「対処療法」をやめにしませんか?

 

  • 過食した後、結局嘔吐して「顔がパンパン」になったり

    むくんでばかりいる自分をやめにしませんか?

  • 「痩せている」「体重」「嘔吐すること」

    「過食をすること」で自分を

    いじめている「自殺行為」をやめにしませんか?

 

そして今回は、

「太ること」への罪悪感や「食べること」への罪悪感をゼロにしながらも

「過食嘔吐」を完全に断ち、永遠の美しい体を手に入れませんか?

 

というお誘いです。

 

 

 

あなたより先に僕と関わって頂いた皆様から

毎日毎日頂く、喜びの声の一部抜粋です。

 

 


 

学生時代からの過食嘔吐がすっきり改善して

ウェストはマイナス22cm、体重はマイナス6kg。
音楽家:Mさん(愛知県)

 

 

 

 

 

 


 

ヒプノセラピーや心療内科では全く改善しなかった

過食嘔吐が1か月ほどで食欲が落ち着いてきました
自営業:Tさん(大阪府)

 

 

一ヶ月後にはアイスクリーム中毒から脱出

 

 


 

無理なダイエットから過食嘔吐してましたが

ヨガ瞑想セラピーを受けて自己肯定感が

上がり、嘔吐がなくなりました

会社員:Sさん(埼玉県)

 

さらに一ヶ月後には

ほぼ、過食、嘔吐がゼロに。

 

 


 

ストレスからの過食症の癖が改善して

太って履けなくなっていた24インチの

ジーパンが履けるようになりました

会社員A様(愛知県)

 

 

 


 

自信を持ってミニスカートも

履けるようになりました

 

 

 

 

 


 

自己肯定感が上がり

過食が落ち着き、合計マイナス15kg。

余計なものを食べなくなりました
セミナー講師:Mさん

 

 

 

 

*これらはほんの一部にすぎません。僕の「過食症専門」の

ヨガ瞑想セラピーは、自分自身の過食症改善経験を元に

無料カウンセリング、無料メール相談を含めて述べ2000人以上の方が過食症改善に成功してます。

 

 

 

なぜ、あなたの過食症や過食嘔吐は、心療内科や

心理カウンセリングを受けても良くならないのか?

 

 

 

僕が20年以上に渡り、心と体を傷つけてきて、心療内科に行っても

心理カウンセリングを受けても良くならなかった僕の過去の経験を

踏まえて、あなたの「過食症」を100%改善することをお約束します。

 

なぜこのようなことが僕との

個人セッションで可能なのか?

 

 

小学生の時からの精神的なストレスで

過食症となり、常に自分に自信がなく

 

「自殺願望」があった自分が

過食症改善のために、2000万以上かけて

 

心療内科に通ったり、

心理セラピーを受けたり

 

自己啓発セミナーに行っても

20年間全く良くならなかった「過食症」が

 

 

 

 

ヨガ瞑想と出会い、頑張ることをやめて根本的な原因である

「母親からの愛の欠乏」としっかり向き合うことで

過食症を根本改善できた理由を

 

僕の実体験を踏まえながらお話させていただきますね。

 

 

 

 

小学生の頃からの勉強、習い事ばかりで

ストレスで過食症になった理由とは?

 

僕は、今でこそ独自の

「過食症専門のヨガ瞑想セラピー」を開発して

皆様に個人セッションを通じて過食症改善の専門家として

アドバイスさせていただいておりますが、

 

10代の頃から、過食嘔吐で健康を害し、

その過食症を改善しようと、

 

心理セラピーや、心療内科、または自己啓発セミナーなどに投資して

合計で2000万の大借金を背負い、

 

その自分への自信のなさから

自分を犠牲にする失恋ばかりを繰り返してきました。

 

 

中学、高校と、勉強、運動は、人並みに努力は

するものの、全てにおいて中途半端。

 

 

過食嘔吐を繰り返すことで

どんどん自分に自信がなかった僕は

 

何も評価されない自分を高めようと「バンドマン」となり

ドレッドヘアーにして、将来のミュージシャンの夢を追って、

音楽生活に没頭していました。

 

 

 

 

中学、高校、大学生と、年齢を重ねるにつれて

ストレスととともに、過食がひどくなり

20キロ以上の太ったり、痩せたり、を繰り返す日々が続きました。

 

 

バンド生活に没頭していた18歳の時に

「マーフィーの潜在意識の法則」と出会い

 

 

「え、イメージして、前向きに思うだけで、

こんな楽しい未来が待っているの?」

大興奮したのちに

 

「人生すべてが思い通りなるなら、潜在意識を

利用して過食症を改善して、ダイエットにも成功して

すべてを思い通りにしたい」と思い

心理学や心理セラピーにも興味を持ちました。

 

 

そして、

 

・1日30万以上する心理セラピーやコーチングを受けたり

・7日間の自己啓発セミナー合宿へ行ったり

・100万円の自己啓発プログラムを受けたり

 

過食症改善のために借金に借金を重ねて

自分を高めていきました。

 

 

しかし、

一時的には「過食症」は良くなるものの

過食症を治そう!と躍起になればなるほど

「過食のスパイラル」にどんどんハマっていきました。

 

逆に潜在意識や心理学を勉強して「目標は絶対に叶うと」

 

変なポジティブ思考になった僕は

 

かっこいい身体になりたい、

もっと女性にもてたいと、

 

極端なダイエットと

過食嘔吐、運動を繰り返しました。

 

 

その結果

過食嘔吐は全く改善せず、

むしろ、頭がはちきれるような、

ものすごい精神的ストレスを感じ、

 

毎日、毎日、コンビニで

菓子パン、お菓子、弁当を

3000円以上一気に買い込み、

“ぐちゃぐちゃに食べては吐く”を繰り返し、

体重は20キロ以上太ってしまいました。

 

極端なダイエットばかり繰り返したいた

僕は、過食が止まらない自分に

真の恐怖を感じました。

「このままでは、絶対に死んでしまう」と

 

 

過食が止まらない恐怖や、太りたくない一心で

嘔吐していた当時の僕ですが、

 

心療内科にも何度か行っても、

薬を出されるだけで何も改善しません。

 

 

 

そこで

「過食症なんかに負けていてはいけない!しっかり

気合を入れて、できることは何でもしよう」

さらに過食症改善への努力を積み重ね、

 

当時読み漁っていた

潜在意識活用の本

「マーフィーの法則」で覚えた潜在意識の

知識を有効活用しました。

 

ノートに「過食症をすっきり直して、

誰からも羨ましかがられる体になっている」と

毎日、毎日、潜在意識を

活性化するため、なりたい自分や

得たい未来をノートに書いて

しっかりとした未来をイメージしました。

 

 

しかし、そう言った心理ワークや

心理セラピーをやればやるほど

 

「自己否定」が強くなり

どんどん過食がひどくなり

 

 

夜中に無茶食いする日々が

10年以上続きました。

 

 

さらに、何をしても過食症が改善しなかった僕は

潜在意識や心理学だけでは飽き足らず

 

20代前半からは

スピリチュアルに

頼るようになりました。

 

「引き寄せの法則」や「精神世界」の本や

セミナー、コーチングも受けるようになり

一時的には過食が止まり、良い感じになってきました。

 

 

しかし、過食がとまり、精神的にも安定し、

自分を磨いて、

 

「理想通りの美しい大好きな女性」を引き寄せて

付き合いが始まったものの、、

「あなたとはキスもセックスもできない」と急に

一方的にフラれてしまいます。

 

 

ここまで自己投資で抱えた

借金は2000万円以上。

 

 

 

過食症とともに生きてきた20年。

常に「自殺したい」「この世からいなくなってしまいたい」

というネガティブ感情を味わう、最悪な日々ばかりでした。

 

過食症の根本的な改善となった

ヨガ瞑想との出会い

 

そんな僕の過食症改善のきっかけは

10年前に出会った「ヨガ瞑想」との出会いでした。

 

ヨガ瞑想が教えてくれたのは

「現実世界での結果は、自分の心の中にある。

苦しみ、悲しみ、苛立ち、うまくいかない

現実も含めて、すべては自分の心が決めている」

ということ。

 

「え、じゃあ、過食症も自分がなりたくて

自分で自ら選んでこんな苦しいことをしているの?」

という半信半疑の状態でヨガ哲学を学び始めました。

 

さらに「ヨガ」というとどうしても

洗脳や宗教のイメージがありましたが

初体験のヨガは衝撃でした。

 

呼吸に意識を向けながら、体をじっくり伸ばし、

そんなに激しく動いてないのに、「汗」が滝のように出る。

 

最後に「瞑想」の時間で、自分の内側の感情と向き合う。

 

今までは、過食症を改善しようと、一生懸命に

努力、頑張る、大量行動型の人間だった僕の常識が、

 

ヨガと瞑想とともに180度変化しました。

 

 

毎日、毎日、どれだけ心理セラピーや心理療法、

薬を飲んでも良くならなかった

「夜中の無茶食いと過食嘔吐

ヨガ瞑想を始めて一ヶ月も経たないうちに

すっかり止まって、良くなったのです。

 

 

夜中にムクッと起きて、夢遊病のように夜中に車で

 

コンビニに行って3000円以上、菓子パンとアイスや

弁当を買って、車の中で待ちきれなくて貪り食べては吐く

ことが、全くなくなり、夜中は快眠できるようになりました。

 

過食嘔吐がひどかった学生時代から比べると

体重は20キロ以上痩せて健康体になりました。

 

9

 

ヨガ瞑想と出会い、

そこからピラティスを学び始めました。

 

これを仕事にしたいと思い始めて

31歳の時にサラリーマンを辞めて、

念願のヨガピラティススタジオLuvをオープン。

 

10

 

受け身で受けていた心理セラピーを

自分でもできるようになりたいと思い

 

レイキヒーリングやアクセスバーズなどの

エネルギーワークや目に見えない世界も多数学びました。

 

11

 

 

過食症を改善して、理想的な伴侶と出会い、

子宝にも恵まれて、今では多くの大好きなお客様に囲まれて

 

年収は2年連続で1000万を超える成果となりました。

 

 

12

 

 

心療内科や心理カウンセリングも

結局「対処療法」となってしまう理由は?

 

 

僕は20年間にわたって、「過食症」と真剣に向き合ってきました。

 

太る、とか痩せる、とか

「食べる行為」とか「食べない行為」

 

さらに、過食してしまう自分への罪悪感を消すために

 

潜在意識や自己実現、引き寄せの法則、スピリチュアルについて

 

2000万以上の借金をしながら研究してきましたので、

本気で皆様に僕のように夜中に無茶食いしてしまう過食嘔吐や

 

ダイエット依存症、摂食障害に悩む方を

ゼロに撲滅したい、という強い思いがあります。

 

 

心療内科に頼っていてもダメです。

心理カウンセリングに頼っていてもダメです。

 

すべては「他人軸」で生きている

あなたの洗脳を完全に解かないと

過食症は良くなりません。

 

その他人軸は

「母親の価値観の洗脳」

です。

 

洗脳、、というとちょっと怖いイメージがありますが

大丈夫です。

 

あなたのお母さんも「良かれ」と思って、

あなたのためにやっていたことのズレが生じているだけ。

 

僕が「過食症という母親からの洗脳」から脱出できた経緯について

 

もう少し僕の幼少期のことをお話しさせてください。

 

 

 

愛知県一宮市に生まれの姉、兄、僕の三人兄弟。

 

 

父親は中部電力、母は当時では珍しいキャリアウーマンで、

ほとんど家にはいない人でいわゆる鍵っ子。

両親は仕事で忙しく家にはいない状態でした。

 

看護師の姉、大学院まで行って弁護士の道を走ったエリートの兄の、

 

いわゆる「優秀な人たち」に囲まれた幼少期なので

 

小学校から、勉強、運動、習い事など、

全てにおいて必死で頑張りました。

 

 

公文式、英語塾、少年野球と、日々運動、勉強を必死で頑張り

小学校の時は生徒会役員なども経験。

リーダーとして、人をまとめ、勉強も運動も頑張りました。

 

 

それが、中学になってから心の負担が大きくなり

「燃え尽き症候群」となりました。

 

どれだけ勉強を頑張っても成績が上がらず、

この頃から過食がひどくなり、

 

 

夜中にお菓子や菓子パンを無茶食いする癖がつきました。

 

努力しても実らない現実、でも、母親から「よく頑張ったね」

って愛されたい欲望、

 

このギャップから、

大きな大きな「ストレス」につながりました。

 

 

勉強も、運動も、サボっていたわけではありません。

勉強の時間をしっかりとって、

塾にも行って、真面目に勉強しましたが、

 

 

どうしても成績が上がらず、姉や兄と自分を比べては、

そのギャップに苦しみました。

 

 

そんな過食症真っ只中で出会った

心理カウンセリングや心理セラピー。

 

さらにスピリチュアルや引き寄せの法則で

思った通りの現実になるはずが、

 

逆に、夜中の過食だけではなく、

昼間でも、頭がはちきれそうになり

我慢できずに、過食嘔吐が

どんどん酷くなってきました。

 

 

仕事の途中でも、トイレでケーキ1ホールを

過食してしまったり

 

食べたい、吐きたい衝動に駆られて

コンビニやパン屋さんを渡り歩いて

変に思われないように、パンを4つぐらい買って

食べては、吐いて

 

またパン屋さんに行って

変に思われないように、パンを4つぐらい買って

食べては吐く、ということを繰り返しました。

 

 

 

このように

セルフイメージが低く、自己肯定感が低い時に

心療内科や心理カウンセリングを

受けても、すべてが「過食の原因」となります。

 

 

しかしヨガと瞑想のおかげで心身ともに癒された僕は

「過食の根本的な原因」

 

を知ることとなります。

 

 

それは

「母親からの愛の欠乏」でした。

 

ヨガ瞑想の中で、母親への罪悪感の思い出ばかりが出てきました。

 

「どれだけ塾で努力しても、勉強がお兄ちゃんみたいに

できなくなってごめんなさい」

 

「お母さんを勉強や運動の結果で喜ばせることが

できなかった僕は食べることが許されません」

 

「自分で選んだバンドと音楽の道でも

結局何も結果が出せなかった僕は食べることが許されません」

 

 

という「何もできない自分への罪悪感」の強迫観念に

駆られている自分の魂の叫びが聞こえました。

 

 

 

太ってはいけない、痩せなきゃいけない、

ダイエットしなきゃいけない、

 

勉強も運動も中途半端だった僕は、

体ぐらいは痩せてないといけない、

 

だから、食べてはいけない、

毎日運動しないといけない、

という強迫観念のようになっていた思考が、

 

 

「あれ、なんでこんなことで苦しんでいたんだっけ」という

客観的な視点で自分を内観できるようになり、

 

 

自然と食欲が落ち着きました。

 

 

毎日、毎日

「頭がはちきれそうになる」ような感覚で

 

夜中にコンビニへ行って菓子パンを詰め込むように食べたり

 

早朝から会社に行く前に菓子パン、お菓子、お弁当などの

大量の炭水化物を詰め込むように食べては吐いたり

 

ダイエットハイになって、毎日毎日

強制的にランニングや自転車を漕いで

カロリー消費をしていた僕が

 

 

まずヨガ瞑想した日だけは夜中に起きることなく

快眠できるようになりました。

 

 

僕の中でもヨガ瞑想を体験してから

直感で、このまま少しずつ良くなる感覚を体で感じました。

 

 

その直感は当たり、ヨガ瞑想を出会って

3ヶ月も経たないうちに自然と

体重はマイナス15kgになりました。

 

 

 

ヨガ瞑想の効果は

僕の過食症の改善だけにはとどまらず

僕の人生がどんどんプラスの方向へと

転換していきました。

 

お金の面では、最大で2000万円を

超える借金を背負った時から、

 

大好きな仕事で、年収1000万を2年連続で収益が上がったのも

ヨガ瞑想のおかげです。

 

僕の「お金の思い込み」も母親からの洗脳です。

 

「うちは貧乏だからね!

 あなたにはおもちゃとか。ゲームは

絶対に買ってあげられない!」

と強く言われて育ちました。

 

 

そして

「お金は苦労しないと得られない」

「頑張って、努力してお金は手に入れるもの」

「死ぬ気で努力しろ」

「頑張らないと結果は出ない」

などという、強い洗脳を受けました。

 

 

その洗脳から

苦労しないとお金は得られない、、

努力して頑張らないとお金は得られない

大好きなことではお金は得られない、、

実力不足の自分ではお金は得られない、、

 

これらのお金に関する

「負の感情」をヨガ瞑想で手放した結果、

 

 

妻と出会って結婚した時は「時給800円」の

フリーのヨガインストラクターで、

現実には全くお金のない生活だったのが、

 

ヨガ瞑想の成果で、大好きな仕事で、

理想的な収入を引き寄せることができました。

 

 

 

さらにヨガ瞑想のおかげで自然と子宝にも恵まれました。

 

妻は、子宮系の病気を患っていましたが、

今ではしっかり完治して

子供も健康で元気に子供も育っています。

 

 

僕の20年間のとっても楽しいはずの青春時代は

すべて「過食症」という心の病に侵されてました。

 

 

過食症の根本改善には「ヨガ瞑想」で

しっかり自分の魂の

愛の欠乏を明確にして

「あなたご自身であなたの心を

愛情いっぱいで満たしてあげる」

しかありません。

 

 

心療内科や心理カウンセリングは

あくまで「一時的な心の癒し」にしか成りません。

なぜか?そのメカニズムをこれから説明します。

 

 

過食症の改善には

ヨガ哲学が100%

役に立つ理由

 

僕は結果的には「過食症」になって良かった、と思ってます。

僕が人生で死ぬまで勉強したい、研究したい、

と思えた「ヨガ瞑想」に出会えたからです。

 

僕の中の神様は

「過食症」という心の病気で

たくさん僕に良い試練を与えてくれました。

 

 

これはお釈迦様である

「ブッタ」が苦行に苦行を重ねた上で

「さとり」をひらいた感覚、とも言えます。

 

 

 

僕はこの20年間にわたる過食症の

経験について何が言いたいか、、結果から申しますと

 

「過食症の根本原因は母親からの価値観の洗脳。

 

この洗脳されたあなたの

幼少期の思い出や罪悪感を

ヨガ瞑想で少しずつ、少しずつ、

ゴミ箱に捨てていくことです。

 

 

僕が一番悲しいのは、過食症で悩んでいるのにもかかわらず

とっても前向きで、一生懸命頑張っていて、しっかり目標を立てて、

人一倍努力して、お金も投資して、心療内科にん行ったり、心理学を勉強したり、インナーチャイルドを癒したり、運動をしているにもかかわらず

過食が全然改善しない、ということです。

 

母親の洗脳、は「世間の価値観」の洗脳とほとんど一緒です。

母親の価値観、他人の価値観、世間の価値観に沿って

生きていた僕を「ヨガ瞑想」の習慣で洗脳から脱出させてくれました。

 

 

心療内科や心理カウンセリングを

受けても過食症が改善しない

「3つの理由」とは?

 

 

1:アドバイスがズレている

2:洗脳が解けていない

3:嫌われる恐怖心が克服できていない

 

 

まず1の「アドバイスがズレている」に関してですが

過食症は経験者にしかわからない病です。

 

心療内科や心理カウンセリングは

話を聞いて

「心の持ち方はこうしたらいいよ」

「食事はこうしたらいいよ」

「薬を飲んでね」

っていう「一方的なアドバイス」

しかしません。

 

そして、過食症を経験してない人が

過食症の改善のためのアドバイスなんて

できるはずがありません。

 

さらに、過食症を経験をした後に

過食症改善の心理カウンセラーに

なっている方にもお世話になったことがありましたが

 

僕は「一時的」にしか良くなりませんでした。

もちろん、アドバイスをいただいた先生方には感謝してます。

 

 

しかし「心理カウンセリング」では

どうしても足りない部分が出てくるのです。

 

なぜか?

それは

「先生と生徒」という関係になるからです、

これが一番ダメで

「他人軸」の価値観が

変わらないからです。

 

過食症は誰かに学んだり処方してもらうことでは

絶対に良くなりません。

 

「自分が世間の価値観に洗脳されていること」に気がつき

自分で自分の心の奥底にある「魂からの声」をしっかり聞いてあげて

改善していくのが一番の近道です。

 

ヨガ哲学では

「心の作用を止滅することがヨーガである」

が最大重要事項とヨーガのゴールとして

熱心に説かれています。

 

 

その心の動き、はヨガ瞑想で

必ず、癒すことができて、「他人軸」から

「自分軸」に戻すことができます。

 

 

2:洗脳が100%溶けてない

 

日本人は良くも悪くも「人が良すぎる」し

テレビや雑誌やメディアに洗脳されすぎです。

過食症についても同じです。

 

精神科の先生だったら、しっかり治してしてくれるだろう

あの心理カウンセラーの先生は優しいから直してくれるだろう

あの先生も過食症の経験者だから、的確なアドバイスをしてくれるだろう

 

 

権威のあるお医者さんとか

心理カウンセラーの先生にお金をしっかり

払って、いうことを聞いて

薬の飲んで、食事に気をつければ治ると

勘違いしてます。

 

もちろん、これで良くなれば、

全く問題がないのですが

過食症は「愛」の欠乏が根本原因なので

 

あなた自身が自分で自分のことを

最大限、愛してあげることが大事なんです。

 

では洗脳を解くには

どうしたらよいかというと

 

「苦しいことを全部やめる」ことです。

 

ヨガ哲学ではこれを「非暴力(アヒンサー)」

という言葉で説いています。

 

 

これは暴力は何の解決にもなりませんよ

 

ということ以外に

 

「苦痛を引き起こさない」

という重要な意味があります。

 

 

その苦痛とは、例えば

 

・仕事が嫌だ買ったら、仕事を辞める

・仕事の人間関係に疲れたら、仕事を辞める

・問題を一人で抱え込みすぎている

・体がだるい、疲れているなら休む

・旅行に行きたいなら、旅行に行く

・飲み会や人間関係に疲れたらお付き合いをやめる

 

過食症に悩んでいる方は

みなさん本当に人が良すぎる。

他人の言うことばかり聞いていて

疲れているのです。

 

本当に努力家、頑張り屋さんの方ばかりです。

 

もっと、肩の力を抜いて、休むこと

もっと、あなたの心の叫びを聞いてあげること

もっと、怒り、悲しみ、泣いて、「愛の欠乏」について

理解してあげること

 

これは「ヨガ瞑想セラピー」でしっかり

自分で自分のための時間をとって

体も心も癒されることをお約束します。

 

 

 

 

3:嫌われる恐怖心を克服できていない

 

この「嫌われる恐怖心の克服」は

過食症改善には一番大事です。

 

・友達から変に思われたくない

・職場で浮きたくない

・上司の言うことばかり聞いてしまう

・ものすごく気を使ってしまう

・誰からも好かれていたい

・陰口とか悪口とか言われてないか不安

・努力したり、頑張っていないと不安

・自分の考えをなかなか伝えられない

・いいものはいい、悪いものは悪い、と切り分けできない

 

これは、最終的な局面では

「お母さんから嫌われたくない」

という恐怖心です。

 

極端な話にはなりますが

例えば

 

あなたがニートになって

勉強一切しなくても

仕事を一切してなくても、

太っていても、

ガリガリに痩せていても

運動神経悪くても

性格悪くても、

友達がいなくても、

結婚できてなくても

 

「どんなあなたでも100%受け入れてくれる」

こんな状態まで、あなた自身が「愛の欠乏」を

ヨガ瞑想とともに、満たされることができれば

 

必ず過食症は改善できます。

 

ヨガ哲学では

「正直(サティヤ)に徹したものには、行為とその結果がつき従う」

と解かれています。

 

この「正直(サティヤ)」

真面目に生きろ!ということでありません。

 

「あなたの心に正直に生きる」

ということです。

 

・食べたいなら、食べる

・食べたくないなら、食べない

・体がしんどいなら、休む

・頭がいたいなら、休む

・心がうつになっているなら、休む

・人間関係が嫌なら、お付き合いしない

・無理に相手に合わせない

・怒りたいなら、怒る

・嫌いな人とは無理に付き合わない、早く嫌われる

・バカにされて、嫌なら、しっかり怒る、伝える

 

 

 

過食症に悩むあなたは

他人の価値観に洗脳されています。

 

三食食べるもの洗脳です。

人によってはそんなに食べなくてもいいです。

 

仕事は絶対に休まない、というのも洗脳です。

疲れたまま仕事していても

病気のまま仕事していても

全く成果は上がりません。

 

過食症の人は

努力すること、頑張ることに逃げています。

 

あなたは、仕事をしていなくても

お金がなくても、太っていても

そのままで

素晴らしい存在なんです。

 

 

僕のクライアントさんに

無理して仕事しない、頑張らない、休む

人間関係も、お付き合いもやめてください

 

そして、自分が喜ぶこと、好きなことだけに

フォーカスしてください、と伝えると

 

「自分がダメ人間なようで嫌だ」って

みなさん言いますが

 

その「サボっているとダメ」という

価値観こそ「洗脳」なんです。

 

 

僕たちはロボットではなく

「心」という感情があります。

 

他人の言うことだけ聞いて

働くロボットではありません。

 

「自分だけの幸せな人生」

生きて行く権利があります。

 

この素晴らしい地球という

愛に溢れた現実世界で幸せな毎日を

人間として、最高の自己実現するために

生まれてきたのです。

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

 

世間一般で言われている

心療内科や心理カウンセリングでは

過食症は改善できない理由は

理解できましたでしょうか?

 

他にもまだまだヨガ哲学で学べる

過食症改善のポイントはいっぱいありますが

ここではまず3つにまとめました。

 

僕は産まれてから38年間、この

「過食症の罠の洗脳」にどっぷりはまっていました。

 

過食症という原因不明の現代病に1000万以上

投資をしても全く改善しなかった僕が

ヨガ瞑想を通じて、「真の健康」を

に入れることができました。

 

これからの人生は「過食症という原因不明の病」を

全世界で0にしたい、という強い理念のもと

僕のオリジナルの「ヨガ瞑想セラピー」は開発されました。

 

 

過食症専門のヨガ瞑想セラピーで

「100%過食を改善」しながら

食欲をコントロールする方法を

マスターしませんか?

 

過食症は「愛の欠乏」が原因の心の病です。

 

だから薬を飲んでも、

カウンセリングを受けても

一時的にしか良くなりません。

 

なぜか

それらはすべて、「対処療法」だからです。

一時的にしか良くならないならやっても無駄です。

 

せっかくあなたが自分で選択できる

素晴らしい人生の時間の無駄になります。

 

 

そして僕のオリジナルのヨガ瞑想セラピーは

過食症改善だけでなく

 

体が健康になることで、

欲しいものを引き寄せる能力や

 

「理想のライフスタイルの現実化」

がどんどん加速します。

 

僕のクライアントさんは

開始1ヶ月目から、自己肯定感や自己愛が高まって

 

「食欲が落ち着いてきました」

「嘔吐がなくなりました」

「体重が増えなくなってきました」

「太ることへの恐怖心が無くなりました」

などの効果を感じられてます。

 

 

そして開始6ヶ月あたりになってくると

「自然と体重が5kg減りました」

「自分では結構食べている感覚なのに太りません」

「呼吸が深くなって、冷静に食べられるようになりました」

 

という食生活や体の変化だけではなく

 

またさらに

「自己肯定感が上がることで、周りの人から綺麗だね、

 スタイルいいねって言われるようになりました」

「主人からも体について褒められるようになりました」

「彼との結婚が決まりました」

 

さらに

・収入が3倍になりました

・念願のアロマショップをオープンしました

・テレビ取材を受けることになりました

 

という「人生においての自己実現」能力が

アップします。

 

 

 

大好きな気功とヒーリングを仕事にして

夫婦合わせて月収100万を超えました。
元ミュージシャンの気功師:原田真理子さん

 

3

 

 

 

仕事の方向性に悩んでいましたが
念願のアロマショップをオープンしました。

 セラピスト:川村かよさん

 

4

 

執着を手放すことで

ヨガの仕事の取材を引き寄せました。

ヨガインストラクター、うつ病カウンセラー:のざきまりさん

 

5

 

 

 

 

過食症専門のヨガ瞑想セラピー

野田智弘のオリジナルメソッド

 

では具体的にどうしたら

過食症から脱出して、健康体を手に入れて

食欲コントロールする方法をマスターできるのか?

 

それはとっても簡単。

野田智弘と「対話」「簡単なヨガ瞑想」

するだけです。

 

対話していく中で

あなたの意識下に働きかけるように誘導し、

対話するだけで、ヒーリングされているような

心地の良い状態となります。

 

セッション中は、

自己肯定感、セルフイメージが最大限まで上がり

さらに、無意識レベルで、心身を癒す呼吸へと戻り

「理想の未来が向こうから自然にやってくる」ような

感覚を体験し、少しずつ過食の症状や嘔吐の症状に

改善が見られます。

 

場合によっては、ヨガや、瞑想、ヒーリングも

追加していくケースもありますが、

基本的にお話とヨガ瞑想を一緒にしていくだけです。

 

 

 

 

僕は20年間にわたり、過食症改善のために

潜在意識や引き寄せの法則、精神世界を探求し、

 

ヨガピラティススタジオLuvをオープンしたのちには、

述べ2000人以上の

女性の過食症の症状改善やダイエット指導に成功してきた、いわば、

「身体と心のスペシャリスト」です。

 

そんな僕は「ある能力」があることに気がつきました。

 

それはあなたが過食をしてしまう「洗脳」の部分に

対話とヨガ瞑想をするだけで

そのポイントをアドバイスできることです。

 

今回は、僕の才能や

得意分野をすべて統合し、誰でも簡単に

「過食症、過食嘔吐改善」の

結果が出るように

「対話+ヨガ瞑想の個人セッション」

提供することにしました。

 

 

食欲コントロールで過食改善

過食症専門のヨガセラピー・個人セッション

 


【こんな方にお勧めの個人セッションです】

 

・心療内科や心理カウンセリングを受けても、一時的に心が癒される

 だけで、効果が感じられない

 

・過食症やうつ、パニック障害の症状で薬を飲んでいるが

 根本的に投薬なしで健康になりたい

 

・食べると太ってしまうという強迫観念に追いやられていて

 嘔吐の癖が止まらない

 

・なるべく太らないで、過食症、過食嘔吐を改善したい

 

・一時的な対処療法ではなく、根本的な過食症の改善をしたい

 

・過食症の改善だけでなく、美しいスタイルアップや健康になって

 恋愛や仕事も目一杯楽しみたい

 

・過去のトラウマなどを浄化して、毎日ワクワク生きたい

 

 

 

【このプログラムでこんな効果が期待できます】

 

全16回90分の個人セッション(対話とヨガ瞑想セラピー)

をするだけで、過食症の原因となる「愛の欠乏」について理解できます。

愛の欠乏は「両親の愛」です。

 

子供として生まれてきた僕たちと両親の「価値観のズレ」から

愛の欠乏は時始まります。

 

あなたが幼少期の時に、嫌だったこと、傷ついたこと、悲しかったこと

苦しかったことが「記憶の歪み」となり

あなたの過食症、や過食嘔吐という心の病に発展します。

 

 

これらの幼少期の時の「苦しい思い出」

両親からの愛の感じ方、受け取り方を学ぶことで

 

過食の症状の改善、嘔吐の症状の改善

同時にうつ、や過呼吸、パニックの症状などの緩和にもつながります。

 

さらに、僕のヨガ瞑想セラピーの

効果は「過食症改善」だけではありません。

 

ヨガ瞑想を通じての「自己実現能力」がどんどん加速します。

 

・ネガティブな出来事、思考を瞬時に「ポジティブ」に変換できます

 

・現実生活で起る、怒り、悲しみ、イライラ、罪悪感、不安感を俯瞰してみる心的な技術が身につき、立ち直りが格段に早くなります。

 

 ・上記によって、本当のあなたが求める理想的な美しいスタイル、健康、

仕事、人間関係、心地良い収入と生活のバランス、理想のパートナーを

自然なカタチで引き寄せる「軸」が完成します。

 

・過食症改善や美しい健康体だけでなく「100%思考を現実化する」基礎が

学べます。

 

 

 

【過食症、過食嘔吐を改善する7ステップ】

 


 

1ステップ:「100%自分の人生は自分の責任 」

 

過去の過食症の原因となる、ネガティブな出来事、嫌な出来事、

消し去りたい過去も全部

「自分が望んで引き寄せたもの」です。

 

なぜ、過食症に症状になってしまったのか?

なぜ嘔吐までして、苦しまないといけないのか?

あなたの過食症の根本原因を理解します。

 

 ・過食症という現代病になる時代背景

 ・あなたの過食症が必ず改善できる「日本人」という資産

 ・過食症で苦しんだ分、必ずあなたの幸福感がアップする理由

 

 


 

2ステップ:過去のネガティブ感情の浄化

 

過食の気根本原因となる、過去起きた出来事の怒り、悲しみ、罪悪感など、

失恋、恋愛での失敗、仕事やお金での失敗、怒りの感情、浄化できない人間関係や事故、病気、過去のカルマを、対話とヨガ瞑想セラピーとともに浄化します。

 

1:ネガティブ、だと思っている出来事は全て「自分で望んでいたこと」だった

2:全てのマイナスの感情は「体」の緊張が原因

3:呼吸のコントロールで、カルマ、トラウマを浄化

 

 


 

3ステップ:過食症状を緩和する「お母さんへの罪悪感」の浄化

 

過食症と過食嘔吐の原因ははっきりしてます。それは

「お母さんよりも幸せになってはいけない」という洗脳と

思い込みです。お母さんに対する気づかなかった感情が浮き彫りにして

その感情に対して、

 

1:お母さんへの「怒り」の感情が自己実現につながる理由の理解

2:お母さんへの「罪悪感」という最大のメンタルブロックの解除

3:お母さんは「ダメ人間」だったを理解し、受け入れる10分ワーク

 

 

によって、完全に手放します。

 

ここまでで、過食の症状や、嘔吐の症状は50%以上は

必ず緩和されて改善に向かっていきます。

 


 

4ステップ:ヨガ瞑想セラピー レベル1

 

ヨガ瞑想セラピーのレベル1を覚えていきます。

レベル1とは、あなたの思考を現実化しやすくなるための

基礎として、呼吸法と瞑想で、体と心の緊張を解いて緩んだ状態を作ります

ヨガや呼吸法、瞑想が初めての方でもわかるように解説いたします。

 


 

5ステップ:ヨガ瞑想セラピー レベル2

 

ヨガ瞑想セラピー・レベル2とは、

あなたの魂レベルでの「望んでいない現実」と

「本当に望んでいる未来」を明確にし、本気で望む

未来を呼吸法と瞑想で「極上の心身の癒し」とともにイメージ化します。

自らの波動をさらにレベルアップさせて自分自身をパワースポットにしていきます。

 


 

6ステップ:ヨガ瞑想セラピー レベル3

 

さらに高次元への意識覚醒(レベル3)をします。

このレベルでは、ヨガ瞑想の習慣がつき、さらに直感が冴えて、

行動的な自分となり、「精神世界」「物質世界」をつなぐ意識が

より明確になり、実現力がアップします。

自分で自分の心を癒し、過食症状はほぼ緩和され、

自分を最高まで愛することができるでしょう。

 

 

理想の彼氏やパートナー、理想の仕事、キャリアアップ、お金などが

「自然と引き寄せられる自分」となります。

 

 


 

7ステップ:自分のダイヤモンドの原石を磨き続ける

 

過食症と過食嘔吐で過去苦しんだ分だけの「自己愛」を毎日毎日感じられるようになります。過食症状の改善はもちろん、「食欲コントロール」が自分でできるようになります。自分の天才性と才能を存分に発揮し、自然体で魅力あるあなたへと劇的に変化します。毎日が自然体で自分らしく才能を発揮し、仕事のオファーが増えたり、自分の才能を活かして起業したり、新しいパートナー、家族関係も「すべてが感謝」に変わり人生の波動とステージが上がります。

 

※上記ステップは順序を入れ替えたり、いずれかのステップを重点的に強化する場合もあります。

 

 


 

【サービス内容】

 

・過食症、過食嘔吐、うつ、パニック障害などの症状が1か月目から緩和されます

・コース終了後には過食症改善だけではなく「理想のライフスタイル」が

 引き寄せられるようになり、愛で満たされた毎日となります。

・自己肯定感が高まり、自己愛でいっぱいの毎日をヨガ瞑想ともに学べます

・もう過食症やダイエットで悩まない「ヨガ哲学」「仏教」と「瞑想」ですべて解決

・地に足のついた自己愛を高める心の癒しの理解を進めるヨガ瞑想の習慣の指導

・「過去のトラウマ、カルマ」をさらに浄化する対話とヨガ瞑想セラピー

・上記の内容の個人セッション(90分以内×16回)

 スカイプやZOOMなどビデオ通話可能です。

・期間内メール、メッセージ完全サポート

 

 

【セッション期間】 90日〜120日

【8回コース】15万→130,000(税込)

【16回コース】30万→250,000(税込)

【24回コース】50万→298,000(税込)

 

 

クレジットカードや分割でのお支払いも対応いたします。

条件がありますので詳しくはご相談ください。

早期お申し込みでの特典、割引あり。

 


【プロフィール】

 

過食症専門
ヨガ瞑想セラピスト 野田智弘

 

ヘッダー画像幼少期より自分に自信がなく、「過食症」を患うなど不安定な日々を送る。18歳の時に「潜在意識」と出会い、ヨガ、ピラティス、瞑想、自己啓発を学び「過食症」を自力で克服。これをきっかけに望んだことが現実化する現象が起き始め、過食症の改善だけでなく、学びの投資による2000万円の借金の返済、大失恋の後に理想の伴侶との結婚、子宝にも恵まれるなど、数々の失敗を逆転する。

 

2013年には念願だったヨガピラティススタジオLuvをオープン。のべ2000人以上の女性のダイエット指導に成功する。一方、ダイエットだけでなく、過食症、過食嘔吐に悩む女性からのカウンセリングの相談が増えてきたことから、

過去20年にわたって研究を重ねてきた「ヨガ哲学」「瞑想」「精神世界」の

集大成として、過食症、過食嘔吐に悩む女性のための「過食症専門のヨガ瞑想セラピー」を開発

 

レイヤー 160

「話をするだけで癒される」「心がすっきりしてセッションでは涙が出る」と大好評で、「過食症状が1か月で止まりました」「太ることなく嘔吐の症状が緩和されました」という効果だけでなく「念願のアロマショップをオープンしました」「大好きなヨガやヒーリングを仕事にして収入も上がりました」という

人生のステージが上がる効果の声も多数あり。

 

アシュタンガヨガと瞑想、仏教の真理を探求しつつ、「全世界で過食症に悩む方をゼロ」にする使命を持って活動中。地元愛知県名古屋に居住。趣味は「ヨガ・ピラティス、瞑想・ランニング」休日には家族で大自然、パワースポット巡り。3歳になるわんぱくな息子とのイクメンパパ。

 

<保有資格>IYCアシュタンガヨガティーチャーズトレーニング・ビクターチャン 陰ヨガティーチャーズトレーニング・中島正明氏フルプラクティス0期卒業・現代レイキマスターティチャー・ピラティスマスタートレーナーPeak Pilates System Level3、その他多数

 

 

 

 


 

【お申込み・お問い合わせ】

 

 

お申込みはこちらからお願いいたします。
その他なにか不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ項目
連絡方法
お名前
ふりがな
住所

メールアドレス
※携帯メールアドレス ([★@ezweb.ne.jp] [★@docomo.ne.jp] [★@softbank.ne.jp]など) をご利用の場合は、あらかじめPCメールの受信許可設定を行なって下さい。
電話番号
お問い合わせ内容

お問い合わせはこちら